冠婚葬祭の基礎知識とマナーの情報サイト

>

知っておきたい、冠婚葬祭の基礎知識

この記事をシェアする

ご祝儀袋の選び方

ご祝儀袋を選ぶ際に一番気をつけなければいけないのは水引の種類です。ご祝儀を渡すのはお祝い事の時ですが、お祝いの内容によってふさわしい形状というものがあります。
結婚式の際には、結びきりのものを選びます。これは結婚式は何度もあってはほしくないことだからです。その一方で、出産祝いなど何度でも嬉しいお祝い事であれば蝶々結びのものを選びます。
水引の色などは華やかなものであれば問題ありません。基本的には奇数の本数で作られた水引を使用したものを選ぶのがマナーとされています。
また、ご祝儀の金額によっても選ぶべきご祝儀袋は変わってきます。中に入れる金額があまり多くないのに華美すぎるご祝儀袋を使用するのもよくありませんし、逆にある程度の金額が入っているのに簡素すぎるご祝儀袋を使用するのもよくありません。購入する際に、裏にふさわしい金額が書かれているのでその目安を参考にして選ぶようにしましょう。

ご祝儀袋の渡し方

ご祝儀を渡す際にも、マナーがあります。
渡す際にはご祝儀袋をそのまま持っていくのではなく袱紗に入れて持って行きます。袱紗には、結婚式などの慶事用とお葬式などの弔事用のものがありますので間違えないように注意しなければなりません。慶事の際には、えんじ色や朱色、赤などの暖色系のカラーのものを使用するのがマナーとされています。ただし紫色のものに関しては、慶事と弔事のどちらでも使用することができますのでこれから購入される方は紫色をおすすめします。
ご祝儀袋を袱紗に入れる際には、右開きになるように入れます。左開きは弔辞用の入れ方ですので、絶対に混同しないようにしてください。
渡す時には、袱紗から取り出してお祝いの言葉とともに両手を添えてお渡しします。渡し方1つ取っても、マナーに反していると失礼にあたりますのできちんと確認しておいてください。