冠婚葬祭の基礎知識とマナーの情報サイト

>

お香典の正しいマナーとは

この記事をシェアする

お香典の金額について

お香典を渡す機会ができた時、まず困ってしまうのがいくら入れればよいのかということです。
お香典の金額としては、家族や親族でなければ5千円というのが相場になっています。家族や親族であれば亡くなった方との近さによって金額が変わってきて、近しい人であればあるほど多く入れます。
そして、お香典の金額には絶対に守らなければならないマナーがあります。それはお札の枚数が偶数にならないようにすること、そして惨を連想させる3枚、死を連想させる4枚、苦を連想させる9枚にならないようにしなければなりません。
悲しみに包まれていてナイーブになっている中で、マナーを守らない行動をとってしまうと余計にご親族を傷つけてしまうことにもなりかねません。デリケートな時ですので、きちんと最低限のマナーは守るようにしてください。

香典袋の基礎的なマナー

お香典袋を選ぶ際にも、様々なマナーがあります。
まず、使用するお香典袋は宗派によって違います。亡くなった方の宗派を事前に聞いておいてその宗派にあったものを選びます。
そして、結婚式の時と同じように中に入れる金額に応じてお香典袋を選びます。5千円以下の場合には水引が印刷された簡単なものを使用し、3万円以下であれば白黒の水引のついたもの、10万円以下であれば和紙のレベルの少し良いもので、銀色の水引がついたもの、といったとように選んでいきます。包む金額とお香典袋が合っているかというのは大きなポイントになりますので、購入する前に必ず確認するようにしましょう。
そして、お香典袋に使う毛筆、または毛筆ペンの濃さは薄いもののほうが良いとはされますがなければ濃いものでも問題はありません。薄墨を使用することで、悲しみの気持ちをより伝えることが出来ますので持っていなければ1つ購入しておくのもよいでしょう。