冠婚葬祭の基礎知識とマナーの情報サイト

>

知らないと恥ずかしい、服装のマナー

この記事をシェアする

結婚式の服装

結婚式の服装は普段着のカジュアルなものではなく、フォーマルスタイルのものを着用します。女性であればパーティドレスを着ていくのが一番良いです。アクセサリーはパール系の上品で控えめなものにし、靴はヒールがありつま先のでないものを選びます。色は花嫁さんの色である白以外であれば何色でも構いませんが、弔事を連想させる全身黒というのは避けます。
男性であればフォーマルスーツを着用します。色のついたシャツではなく、白のシャツにアイロンをかけて使用します。ネクタイについては白が最も良いですが、明るめのカラーで華やかなものであれば問題ありません。バッグはリュックやトートバッグなどのカジュアルなものは使用しないようにしましょう。

弔事の服装マナー

弔事の際には、女性は黒のスーツか、黒のワンピースを着用します。この際のスカート丈は必ず膝が隠れるものを選びます。ストッキングは薄めの黒のものを選び、金具のついていない黒いバッグを持ちます。アクセサリーに関しては、弔事の場合パールを使用したもの一択です。気をつけなければいけないのは、二重になっているネックレスは、不幸が重なるということを連想させてしまうのでマナー違反になってしまうということです。
男性の場合は黒で無地のフォーマルスーツを着用し、白いシャツに黒で無地のネクタイを締めます。最も注意が必要なのが、男性の小物です。靴、バッグ、ベルトには皮を使用しているものが多く、へび柄などが入っている場合がありますが殺生を連想させてしまうので選んではいけません。